レンタルオフィスや貸事務所で経営向上│ビジネス不動産活用ガイド

不動産

利用機会は多い

作業員

近年では、オフィスワークを主な業務とする企業が増えました。そういったこともあってか、さまざまな形でオフィスを利用することができます。貸し会議室やレンタルオフィス、貸事務所はもちろんのこと、そのほかにもバーチャルオフィスやシェアオフィスなどさまざまな形があります。最近では、バーチャルオフィスという言葉もよく耳にしますが、これはレンタルオフィスとはどういった違いがあるのでしょうか。このバーチャルオフィスというのは、一般的にイメージする「仕事場」という意味合いのオフィスではありません。これは、私書箱や電話受け継ぎといった用途で使われることが多いです。一方、レンタルオフィスについては、一般的なオフィスのイメージ通り、「仕事場」が存在します。最近のバーチャルオフィスに関しては、振込詐欺でしたり出会い系サイトといった事務所の悪用が多くなっているようです。そのため、バーチャルオフィスを借りてしまうと、大手の取引先や融資をする銀行などには良い印象を与えることが難しい場合があります。そのため、バーチャルオフィスを借りるのでれば、貸事務所を借りたほうが良いと言えます。しかし、貸事務所を借りるほどの費用がまだないということでれば、まずはレンタルオフィスから始めると良いでしょう。

全国の中でも、東京をビジネス拠点としている企業は多くあります。その為、東京にはレンタルオフィスや貸事務所も多く存在しているのです。大型駅付近や、JRや地下鉄の駅から近いエリアのレンタルオフィスは特に人気があります。

起業するなら

ビル

これから起業するという時に活用できるのがレンタルオフィスです。それに加えて貸会議室や貸事務所など様々な賃貸不動産が誕生しています。こうした賃貸不動産を上手く活用することで経営もスムーズに進めることができます。

View Detail

メリットについて

ビル

貸会議室やレンタルオフィスは活用することによって初期費用を抑えられるというメリットがあります。また、レンタルオフィスによっては必要となるオフィス機器が用意されている場合もあります。

View Detail

事務所として

作業員

レンタルオフィスを活用用途は幅広く、セミナーや面接などにも利用することができます。応接室などの共有スペースがあれば、来客があった時でも接客対応することができるでしょう。

View Detail