レンタルオフィスや貸事務所で経営向上│ビジネス不動産活用ガイド

風景

事務所として

作業員

レンタルオフィスは、貸し会議室としても利用することができます。このほかにも、セミナーや面接会場、共有スペースなどさまざまな用途で利用することができます。また、企業によっては業績に伴って企業拡大を図りたい場合もあります。そういった際も、業績に合わせてオフィスのサイズを変更していくことができるというメリットがあります。レンタルオフィスには、SOHOなど比較的小さい空間もあれば、大人数で使用できる大きい空間もあります。起業時は、一人もしくは少人数であるならば、まずは小規模のオフィスで初めて、業績アップに合わせてフロアスペースの広いオフィスに変更するなどといったことも可能です。事業拡大もしくは縮小に合わせて、同じ所在地内であれば変更ができるケースが多いようです。賃料的にも、業績に見合ったオフィスを借りることができるでしょう。このほかにも、法人口座の開設がバーチャルオフィスと比較すると簡単に開設することができるというメリットもあります。あとは、法人として登記が可能なレンタルオフィスも多いので、登記なども考えているのであれば契約前にしっかりとチェックしておきましょう。

レンタルオフィスを利用する時には、従業員の数や事業内容に合わせて選ぶことも大切です。基本的にレンタルオフィスは広ければ広いほどコストがかかってしまうものです。できるだけ無駄なコストを抑える為にも重要な部分と言えるでしょう。不在時に荷物受け取りや電話対応をしてくれるサービスがあれば、外出中でも安心です。